他サイト更新情報

■スポンサードリンク

羽生結弦、意味深発言「限界に挑んでいる。ある意味、死と隣り合わせ。」


この記事の所要時間: 041


NHK杯の出場を決めた、羽生選手。

7日の中国杯ショートプログラム以来、公の場で言葉を発していなかった羽生選手が、
公式練習後に大阪市内のホテルで行われた会見で、次のように発言しました。

「自分の限界に挑んでいる。ある意味、死と隣り合わせ。
ここにいること自体、奇跡に近い。自分の体に感謝している」

公式練習ではフリーで演じる『オペラ座の怪人』を流して滑っりましたが4回転のサルコー、
トーループは決まらず。40分間をフルに使い、計32本のジャンプに挑みましたが
成功率は普段よりも低くなりました。

万全でない羽生を突き動かすのは、V2を目指すGPファイナルへの意欲だそうです。
さすが、プロ根性ですね!
身体も心配ですが、連勝目指して頑張ってほしいですね。

スポンサードリンク
他サイト更新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>