他サイト更新情報

■スポンサードリンク

天使すぎるアイドル橋本環奈 素顔をさらけ出す ブレイク後はどうなった? 


この記事の所要時間: 231

ネット上に掲載された1枚の写真から”天使すぎるアイドル”として大ブレイクした橋本環奈さん。所属するアイドルユニット、Rev.from DVL(レブ・フロム・ディーブイエル)は、福岡を中心に活動してきましたが、今年4月にメジャーデビューを果たし、全国へと広がりました。そのアイドルグループの橋本環奈さんと、サブリーダー秋山美穂さんが、某地方番組でブレイク後の変化や素顔を明かしました。


――昨年11月に”奇跡の1枚(↑)”が話題になってから1年が過ぎましたが、この1年を振り返っていかがですか?

橋本:本当に時間が早かったなと。昨日のことのようで、えっもう1年という感じです。以前とはすごい変わりました。前からRev.として活動してましたが、こうやって豪華な衣装を身につけたり、メイクさんにメイクをしていただいたりとか、なかなかなかったので。また、もともとメンバーは個人個人で仕事をしていたんですけど、私も奇跡の1枚から、『anan』の表紙をやらせていただいたり、CMやドラマだったり、ほかにも、メジャーデビューしてからしか出られない音楽番組に出演させていただいたりとか、初めてのことづくしでした。

秋山:あの1枚の写真がきっかけで、環奈以外の私たちも、Rev.from DVLっていう名前も、全国に知っていただけるようにメディアさんに取り上げていただいたりして、すごくうれしかったです。でもまだまだなので、これから私たちメンバーの認知度ももっともっと上げていって、Rev.自体も全国に知っていただけるように、いろいろチャレンジしていきたいです。

――ブレイクしたからこその悩みというのもありますか?

秋山:短時間で、決められた時間でやらないと、という感じになりました。デビュー前とは、時間の使い方が全然違うので、それはめちゃめちゃ大変だなと。

橋本:本当に! レコーディングだったり、曲の振り落としだったりとか、スケジュールを聞いた時に、こんなに短い時間でやるのかとびっくりして。今までとはそういうところが違います。初めてのMV(ミュージックビデオ)でも、1日2日でこんなにいっぱい撮るのかと思ったんですけど、意外に撮れました(笑)。

――秋山さんから見て、ブレイクして橋本さんが変わったなと思うことはありますか?

秋山:変化は全然ないですね。そのまま普通って感じなんです(笑)。

橋本:うれしいですねー!

――”天使すぎる”というキャッチコピーが、こう変わっていくといいなというのはありますか?

橋本:キャッチコピーは人に付けてもらうというか、印象で付けていただいているので、すごくありがたいことだと思っています。でも、自分では本当にそういう風に思っていないので、逆に、”天使すぎる”とか”1000年に1人”に自分が近づけるように頑張りたいです!

謙虚ですね~
ブレイクしても、元気いっぱいでお茶目な環奈ちゃんでいてほしいですね(*^-^*)

スポンサードリンク
他サイト更新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>