他サイト更新情報

■スポンサードリンク

マクドナルドのナゲットに異物混入。一部、販売中止になる。


この記事の所要時間: 135

1月5日、日本マクドナルドが販売したチキンナゲットに
ビニール片のような異物が購入していたことを公表しました。


具体的にはどうやって異物混入が判明したの?


1月3日に青森県三沢市のドライブスルー(マクドナルド三沢店)で、
チキンマックナゲットを購入した男性から、
購入1時間後くらいにビニール片のようなものが
混入しているって連絡があったそうよ。


この男性には謝罪後、返金したそうよ。
異物混入が疑われるナゲットを回収して、
本社へ送り、今後、調査される予定だそうよ。
それにこのナゲットと同日に同じ工場で生産された
ナゲットは全国で販売中止になるそうよ。


今回は、なかなかマックの対応が的確で早いね。
やっぱり2014年7月に中国製のナゲットが期限切れだった
あのショッキングな事件があったからかな?


そうね、2014年にはペヤングにも異物が混入したり、
他の食品への異物混入事件も多かったしね。
食品会社各社は神経をとがらせているわ。


そういえば、今回のナゲットはどこで作られていたの?


タイの工場だったそうよ。
しかも、中国製ナゲットの事件後に
特設サイト「見える、マクドナルド品質」なんかも
開設して、品質管理は万全だったはずなのに、
今回の異物混入が起こっちゃったのよね。


う~ん。
これだけ色々あると信頼感が
低下するよね。
それでも、ナゲット食べると思うけど(笑)


まあ、アンタは大抵のもの食べても
大丈夫だとは思うけど・・・フフ。
とにかく、異物混入に関しては
しっかりと調査してもらいたいわね。

Ref,Ref

スポンサードリンク
他サイト更新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>