他サイト更新情報

■スポンサードリンク

観月ありさが遂に結婚!だけど、単純に祝福できない理由が・・・


この記事の所要時間: 352

3月22日、主演女優としてドラマに連続出演し、
ギネス記録保持者でもある観月ありさ(38)が
結婚したことを事務所を通じて発表しました。
お相手は建築界のプリンス・青山光司氏(42)だそうです。


わたし/Heroines! (CD+DVD)


この青山光司氏はテレビでみたことあるな~。
建設現場向け足場のレンタル事業をやっていて、年商150億円以上。
プライベートヘリをもっている超絶セレブだそうだね。
しかもフェラーリを何台も所有している、フェラーリ王子でもあるらしい・・・
まさに、俺のようなプリンスってことだよ。・・・っふ!
でもね、この社長さん色々なスキャンダルをもっているんだとさ。

(以下、引用)

二人は1年半ほど交際を続けて度々週刊誌にアツアツぶりを激写されていたが、ついに21日に婚姻届を提出した。
関係者によると、すでに二人は同居しており、挙式・披露宴の予定は未定ながら友人を集めて披露パーティを開く予定があるという。
観月は妊娠しておらず、今後も女優としての活動を続けていく。

かつて自身のシングル曲の歌詞にちなんで「伝説の少女」と呼ばれた観月は
年齢を経ても輝きを失ず、大人の魅力と女性からも支持されるキャラクターで人気を長年持続。
今年放送されたドラマ『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』(テレビ朝日系)で連続ドラマの24年連続主演記録を打ち立て、
自身が持つギネス記録を更新した。

大記録を更新し続ける実力派女優がプライベートでも幸せをつかんだとなれば喜ばしいことに思えるが、
世間でも業界内でも「すぐに別れそう」「素直に祝福できない」などと反応は冷ややかだ。
それというのも、お相手の青山氏のイメージがよくないのである。

青山氏は一昨年に前妻でタレントの上原さくら(37)と離婚したが、その過程は荒れに荒れた。
結婚生活中の青山氏の暴言で精神的に追い込まれた上原が自殺未遂を図ったと報じられたり、
自宅侵入をめぐって警察沙汰の騒動が起きたり「完全犯罪で夫を殺したい」などと
青山氏に対する殺害計画ともいえる上原の肉声テープの存在が暴露されるなどカオス状態だった

だが、青山氏が自身に向けられた疑惑を否定したことで上原の「狂言」だったとの見方が強くなり、
さらには離婚調停中に上原が不倫相手とホテルに入る姿がスクープされたことで慰謝料ゼロで離婚が成立。
表面上は「メンヘラ妻に悩まされていた夫」という立場になった青山氏だが、それでも彼に対する業界の視線は冷たかった。

「青山氏はマスコミを利用するのが非常に上手く、
いわゆる『セレブ社長』『フェラーリ王子』のイメージもマスコミを使って築き上げた。
上原との離婚でも当初は形勢が不利だったのに青山氏寄りの記事が次第に頻出し
、さらには上原のスキャンダルまで飛び出して離婚調停が有利に進みました。
上原の不倫は事実なので仕方ないにしても、
あまりに青山氏に都合のいい報道ばかり出ていたことをいぶかしがる声は強かった。
特に『殺したい』発言の音源が流出したのは強烈でしたが、
それを録音した人物が青山氏とも昵懇の仲だったため『上原はハメられたのでは』との説も流れました」
(週刊誌記者)

観月との交際も当初は彼女が
「結婚願望がない」という理由で入籍を拒否していたと報じられていたが、
なぜか週刊誌に事前に二人の行動スケジュールを知らなければ撮影できないような
「完璧な構図のスクープ写真」が何度も掲載され、
外堀りを埋められるような格好で結婚に至った経緯がある。

また、青山氏の素行を危惧する声もある。08年に元C.C.ガールズ・森洋子(42)のベッド写真が流出し、
写真週刊誌に掲載されたことがあったが、この流出元が青山氏であるとの説が根強くあるのだ。

(引用ここまで:ライブドアニュース)


青山光司氏、かなりのやり手みたいね。
でも、観月ありさの外堀を埋めてまで結婚したいって不思議ね。
たいていお金を沢山持っている人ってそんなに結婚願望ない人が多そうなのにね。
それに、上原さくらとの話は真っ黒すぎてドラマみたいね。
観月ありさも上原さくらの二の舞にならなければいいよね。


暴言で精神的に自殺まで追い込まれるって相当だよね?
なんだか、すごい裏側がありそうな気がするんだけど・・・
本当に何もないといいよね。・・・ゾクゾク

■アンケート
スポンサードリンク
他サイト更新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>