他サイト更新情報

■スポンサードリンク

GACKTがフランスで人種差別を受け、言い返すも、賛否両論あり。


この記事の所要時間: 31

アーティスト・GACKT(41)がフランスのパリの、とあるホテルで
ビュッフェ形式のお店に入ったら、人種差別を受けたそうです。
いったいどんな差別だったんでしょうか。


2014神威♂楽園deマトメナ祭 DVD(仮)


海外では日本よりもかなり差別が強い地域もあるみたいだね。
GACKTが受けた差別は、どんな感じだったんだろう?

(以下、引用)

GACKTさんが3月30日に会員制サイト「ブログマガジン」で明かした内容によると、
入り口近くの席に座ろうとしたところ、店員に奥の席に座るように促された。
ただ、後に入ってきた白人客はその入り口近くの席に通され、
次に入ってきたアジア人の客は、やはり奥に通された。
その結果、周辺は「ボクを覗くと(原文ママ)ほぼ中国人と韓国人でパンパンになった」。
GACKTさんが一度退席して再び入り口近くの席に座ったたところ、
再び店員がやって来て奥の席に誘導しようとした。
その理由を説明するようにフランス語で迫ったところ、

「諦めたのか向こうに行って他の店員となにやらボクを見ながら話していた」
という。

一連のGACKTさんの体験に、フランス在住日本人からは様々な声があがっている。

作家でミュージシャンの辻仁成さん(55)は
「彼の対応、よいね。差別されたと感じたら、パリでは、相手を徹底的に問い詰めるべき。ただ差別してるのがフランス人とは限らない。堂々と挑めば差別は受けにくい、とおいらは思う。おいらは相手をじっと睨みつけ、最後は日本語で罵倒します」
とツイート。GACKTさんの毅然とした対応を称賛した。

「ひどいと思うけど、人種差別では無いと思う」という指摘も
GACKTさんは自らの体験を「ものすごく分かり易い差別だよ」と憤っている。この点については、異論を含めて様々な解釈があるようだ。

ブロガーのulala franceさんは、
パリを訪れた旅行客が安い値段が載っていないメニューを渡されたり、
アジア客が外側のガラス張りの席に座らせてもらえないといった事例が
「フランスのテレビでもよく紹介されてて、問題視されてる」として、
「ビシッと言い続けることは大切だと思うわ」とツイートしている。

ただし、GACKTさんの事例については、
ひどいと思うけど、人種差別では無いと思う」と指摘。
人種が原因かどうかにかかわらず、GACKTさんが少なくとも店側が
「窓側に座らせたい」種類の人ではなかったとの見方を示した。

「だいたい飲食店はフランスでも日本でも
『窓際の席は見栄えのいい外国人やモデルのいわば指定席
店のイメージアップにつながる人を意図的に座らせる』ことが行われていて、
そのホテルの見栄えの基準が白人だっただけだと」

(引用ここまで:ライブドアニュース)


差別は本当に不愉快よね。
みんな仲良くすればいいって思うけど、民族の壁はまだまだ分厚いみたいね。
特に西洋人は見た目も華やかで、文化も洗練されているから、余計に
排他的になるのかもね。


でも、GACKTですら差別されるのか・・・
俺もフランスに行ったときは、なじめなさ過ぎて、焦ったよ。
しばらく、ヨーロッパは行かなくていいかな・・・


アンタ、よくフランスに行くお金あったわね。
まずはそこにビックリよw
って、この発言も差別になるのかしら!!?

■アンケート
スポンサードリンク
他サイト更新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>