他サイト更新情報

■スポンサードリンク

秋元康 「引退はしないけど、正直どうしようもないんだよね。」 密着 AKB


この記事の所要時間: 315

AKB48のプロデューサーである秋元康(あきもと やすし:54歳)が、
昨日23日(土)、毎週土曜日21:30から放送の
ラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(TBS)にて、
最近のAKB48についての苦悩をぶちまけました。

いきなり最初から、DJの宇多丸(RHYMESTER)から
「秋元さん、峯岸みなみちゃんの丸刈り事件について、どう思ってるのYO?」
って聞かれると、

秋元康
「本人が反省しているということを伝えたいとして、
ああいう行動をとった。本人にとっては気合だったんだよね。」

「メンバーの意志を尊重することと、
世間からの見え方は誤差を生むんですよね。」

「その違いでAKBの知名度が上がってしまって、
よけいに大きなニュースになり、さらに本人に余計な負荷がかかる。」

実際には秋元康は、峯岸みなみの坊主のことをYouTubeで初めて知ったようで、
「もしね、峯岸みなみが丸坊主にする現場いにたら、止めてましたよ。」
とコメント。

「問題はそうまでして反省の意をみせたかったってことに、
今までのスキャンダルと対峙する答えの難しさがある。」
と、現実と世間の認識の違いに悶絶する
プロデューサとしての難しさについて言及。

さらに、話は盛り上がり
DJの宇多丸(RHYMESTER)から、
「AKBの恋愛禁止ルールについて、どうおもってるのYO?」
と聞かれた秋元康

「誤解を生むからもう言いたくない」

「恋愛禁止条例は一つのネタとしては歌にしたり、
言ったりはしているが、決して恋愛が禁止ではない」
と、きっぱり禁止にしたことはないと言明。

「たぶん高校野球で甲子園目指している人は、
恋愛する時間なんてないんじゃないかということ。
ただ、本当に好きな人ができたら仕方がないんじゃないとは話をしている」
と、意外にも恋愛肯定派の立場をとっているようです。

ここで、宇多丸
「でも、禁止ではないけど、ペナルティありますよね?」
と、ズバリと問いただすと

秋元康
「メンバー自身がスキャンダルが出た時に、
どうしたら応援してくれていたファンが許すかを考える。
それでチームを離れちゃうか、社会奉仕的な事をして残るかになるんです。」
とペナルティの本意について語りました。

AKBのプロデューサとしては
「何をやっても狙っているように思われる。
(恋愛も)自己責任で好きなようにして、
彼氏がいることにファンのみなさんが悔しいと思いながらも
選ぶことになるかもしれない」
と少々、困惑状態であることを明かしました。

たしかに、AKBは売れに売れまくっていますので
いろいろ秋元康についての憶測が飛び交ってしまうのも
仕方ないのかもしれませんね。

秋元康としては、狙ってなくても
結局は、スキャンダルのになってしまって
AKBがまた話題になって、また売れちゃうっていう
うれしいのやら、どうしようもないのやらっていう状態なんですかね?

・・・でも、うらやましいなw

■【公式PV】Waiting room ダイジェスト映像 / AKB48(Youtube)

■2月23日発売のニューシングル「So long!」
初回限定盤は、タイプA,K,Bがあるゾ!

秋元康 – Google+

AKB48公式サイト

TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

スポンサードリンク
他サイト更新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。