他サイト更新情報

■スポンサードリンク

ドラゴンボールZ 神と神 映画 しょこたんがベジータに感動「興行収入は30億円突破だぜ!」


この記事の所要時間: 155

3月30日にいよいよドラゴンボールZの最新作映画
「ドラゴンボールZ 神と神」が全国の映画館312カ所で
一斉に公開されました。

公開初日を終え、配給元である東映
興行収入30億円は確実に突破ことを発表しました。
さすがドラゴンボールですね^^

また同日に都内の丸の内TOEI1では、声優陣と(自称)アニヲタ女優の
中川翔子(なかがわ しょうこ:27歳)が舞台挨拶イベントを実施。

しょこたんは、野沢雅子(孫悟空役)と堀川りょう(べジータ役)に挟まれ、
「いちオタクが悟空とベジータに挟まれ、
宇宙で一番神聖な場所に立たせていただいて本当に夢のようですT_T」
と急に号泣し始めました。

そして、何か希望はありますか?と司会に質問されると
「ベジータ様に怒られたい」
とリクエスト。

すると、堀川りょう
「コラ!!ふざけやがってぇぇ」
と一喝のプレゼントをしょこたんに贈ると

しょこたん
「ヒャー。人生の妄想でしかなかったことがかなった!!」
とまたまた号泣してしまいました。

この日のイベントについてしょこたんはブログでも
「ぜんぶ夢だったらどうしよう。
ほんとにほんとに信じられない奇跡空間でした。」

「まだ興奮さめやらぬ、ほんとにほんとにほんとにほんとに
最高にしあわせでした。ドラゴンボール舞台挨拶という
神聖な空間にたたせていただけたこと!!!。」
とコメントしています。

本当にしあわせだったんですね^^;
たしかにうらやましいw

今回の「ドラゴンボールZ 神と神」における見どころは
なんといっても、ストーリからキャラ設定まですべて
原作者の鳥山明(57歳)が担当している点。
意外ですが、今回がそこまで担当するのは初めてだそうです。

17作目である前作「ドラゴンボール 最強への道」
(96年3月2日公開)から実に17年もの年月が経ってようやく
公開された本作品を、まだ鑑賞されてない方は、
ぜひ劇場まで足を運んでみてはいかがでしょうか♪

ドラゴンボールZ 神と神 公式サイト(2013年3月30日全国超拡大公開)

中川翔子 オフィシャルブログ

スポンサードリンク
他サイト更新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>