他サイト更新情報

■スポンサードリンク

田中律子 13年の仮面夫婦生活について語る。 再婚はしばらくしないつもり。


この記事の所要時間: 140

11月30日、女優の田中律子(43)が、「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(関西テレビ)に出演し、2012年に離婚した当時の裏事情について赤裸々に語りました。

以下、結婚から離婚までの経緯をまとめてみました。

■結婚当初
田中律子がCM撮影をしていたときの、アシスタントカメラマンであった前夫に一目ぼれして、
田中律子自身が告白し、熱愛に発展したそうです。
それで5年間交際し、できちゃった結婚し、ゴールインとなりました。

■仮面夫婦生活へと移行
できちゃった結婚だったので、結婚後すぐに子供が生まれたわけですが、
子どもを出産してから、夫との会話がなくなり、夫婦仲に亀裂が入っていったそうです。
離婚したかったが、子供のことを考えるとそれはできないと思ったそうです。
それからというもの、13年もの期間、仮面夫婦生活をすることになります。

■離婚するきっかけ、それは…
仮面夫婦生活13年目の時、小学校6年生の娘にふと言われたそうです。
「何でお母さんは、お父さんと結婚したの?」
子どもから見ても、愛し合っているとは見えなかったのでしょう。

そして、
「お母さん、無理しなくていいよ。離婚してもいいんじゃない?」
と、ポツリと言われたそうです。
この娘からの一言で、離婚することを決意したそうです。

■離婚後
夫婦仲が冷め切ったとはいうものの、
離婚後も定期的にあって食事はしているそうです。
子どものこともあるでしょうから、
完全にコミュニケーションをしないというわけにもいかないんでしょうか。

そして、田中律子は現在、恋人もいるそうですが、
しばらく、結婚はしないそうで、独身な気楽さを堪能しているそうです。

子どもができてから、夫婦仲が悪くなる夫婦が結構いますよね。
なぜなんでしょうか?
分からないですが、コミュニケーションは絶やさない方がよさそうですね。

スポンサードリンク

他サイト更新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>