他サイト更新情報

■スポンサードリンク

羽生結弦 今季最高得点でGPファイナル優勝 中国の女性ファンからもよい反応らしい


この記事の所要時間: 132

フィギュアスケートGPファイナルが12月12日、13日
スペインのバルセロナで開催され、
羽生結弦選手が見事優勝を果たしました。⇒Ranking


Ref

羽生結弦選手は今回のGPファイナル前、11月8日の練習中に
中国選手と衝突し、負傷しながらも、なんとかGPファイナルの出場権を得るという
ハプニングがありました。
そんな中での優勝なので、さすが羽生結弦選手ですね。

■GPファイナルの順位
優勝・・・羽生
2位・・・フェルナンデス
3位・・・ボロノフ

GPファイナルを2連覇する功績は
プルシェンコ(ロシア)、チャン(カナダ)に続く史上3人目で、
日本人としては初。
さらに、オリンピック優勝者でGPファイナルも制覇するのは史上初となります。

13日のフリープログラムでは、
ラストの3回転ルッツは転倒してしまいましたが、
4回転は2回とも成功させ、
今季世界最高:合計288.16点(2位のフェルナンデスと34.26差)をたたき出し、
見事優勝しました。

今回の快挙に対し、羽生結弦選手は
「スケートできているということが、一番幸せです。」
とコメント。

また、小林芳子フィギュア強化部長も
「フリーは完璧でした。
今後、しばらくは彼は無敵状態でしょう。」
コメントしています。

また、中国版ツイッターである「ウェイボー」でも、
中国の女性ファンたちが
「さすが羽生選手、すごすぎる!」
「かっこよすぎて、死にそう。」
「可愛いし、かっこいいってどういうこと?(萌)」
のような、コメントが多数寄せられているとのことです。

中国との関係が問題となっていますが、
これを機会に少しでも、関係が良くなればいいですね。

スポンサードリンク
他サイト更新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>