他サイト更新情報

■スポンサードリンク

フリーアナウンサーの雨宮塔子が、仕事中毒パティシエの旦那と離婚していた。


この記事の所要時間: 651


1:
元TBSアナウンサーで現在はフリーキャスターとして活躍する雨宮塔子(43)が、夫でパティシエ(菓子職人)の青木定治氏(46)と今年3月に離婚。

2人はフランス・パリで暮らしているが、関係者によれば、既に昨年夏から別居。仲睦まじく見えた夫婦関係に12年でピリオドを打った。

夫婦をよく知る関係者によれば、双方代理人を立てて離婚に向けた協議に入ったのは昨年の夏。間もなく青木氏が家を出る形で別居生活に入り、基本的には合意に達しているという。どちらかの不倫などではなく、すれ違い生活で2人の間にできた溝が修復できないほど大きくなってしまったのが理由のようだ。

99年3月にTBSを退社し、美術史を学ぶために単身パリに渡った雨宮が02年6月に雑誌の取材で出会ったのがパリ市内に店を構えたばかりの青木氏だった。意気投合した2人はその年の10月26日にゴールイン。11歳の長女と9歳の長男、2人の子供にも恵まれて幸せな生活を送ってきた。

世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で昨年、最優秀賞を受賞するなどショコラティエとしての評価も高まる青木氏は現在、パリに4、日本に5、台湾に2店舗を出店するなど、パリを拠点に事業を拡大している。そんな青木氏を雨宮は子育てをしながら“内助の功”で支えてきたが、仕事一筋の夫をリスペクトしながらも家族の時間がつくれないことに、もどかしさも感じてきたようだ。夏のバカンスを家族で過ごすのが当たり前のフランスで、家族で海外に出掛けたのは一昨年に店舗の視察を兼ねて出掛けた台湾ぐらいだったという。

パリで結婚した雨宮と青木氏は双方代理人を立て、煩雑なフランス式に従って離婚の手続きを進めている。2人の子供は雨宮が引き取るが、父親の青木氏から親権が消えることもないという。

ソース:

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150820-00000093-spnannex-ent

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/05/kiji/K20140905008873830.html


183:
ま、離婚理由は他にあるんだろうな

231:
青木さんの女性関係に泣かされてきたんでしょきっと
エッセーでも匂わせるような意味深なこと書いてた事があったし

246:
>>231
フランス流だと愛人いるの当たり前だしね
かわいいマカロンみたいな若い女の子が
尊敬の眼差しで自分の言うこと聞いてくれたら
男は誰でも食べちゃいたくなるよなぁ
干し柿とマカロン

62:
旦那さん 女癖が悪いとか噂になってたよね

90:
略奪婚って噂あったな

実はこの雨宮さんとの結婚には裏話があるようで、、、
昔から女好きとして有名だった青木さんにはその時も交際していた女性がいたようなのです。
しかも、事実婚状態で実質妻のような存在だったようです。
しかし雨宮さんがその女性から青木さんを奪うような形で結婚まで至ったということなのです!
これは、「略奪愛」というやつでしょうか・・・・。
本人たちがその真相を話したわけではありませんが、本当だとしたら雨宮さんはかなりのヤリ手ですね^^;

depanew.com/780.html

6:
NHKで女優とイチャイチャしながら菓子作ってた印象しかないや

8:
フランスかぶれの女にロクなのが居ないな。まあ、日本に
居られないからトンズラするんだろうが。

10:
いつの間にか結婚、そしていつも間にか離婚

12:
ああ、道理で最近日本で芸能活動再開したのか
芸能活動再開は離婚のフラグ

13:
中山美穂といい雨宮といい似たようなもんか

17:
意外
青木氏特集のテレビ番組で店のスタッフにちらし寿司を差し入れしたり
仲がいいんだなぁ、と思ってた
12年もしたらいろいろあるのだろうけど

19:
こないだからネットニュースで何度かインタビューを目にしたと思ったら
あれは復帰フラグだったのか
美しくてヤフコメで絶賛されてたぞ

23:
わざわざフランスで結婚離婚とかどんな罰ゲームだ。
めんどくさいからフランス人でさえ事実婚で済ますのに。

27:
フランスの離婚は凄い手続きが大変だから、フランス人は法的に結婚しないで同居にするとか聞いたが

37:
なんだこの人も離婚かw
じぶんの生活スタイルを得意気に語っていたけど
そういう人ほど上手くいってないんだろうな

39:
独身時代のキャラを考えると
離婚なんて想像もつかんな

チューボーでもノンキにケラケラ笑うだけだったし

45:
これ、完全に雨宮のワガママだなw

59:
>>45
そう思う
何を無いものねだりしたかったのかと思ってしまう

46:
雨宮進藤とかTBSのタレントアナのはしりで花形で人気あったが
中身がからっぽのオバサンになったね

51:
やはり元アナウンサーともなると
夫が名声でチヤホヤされているのを
陰で支えるなんて馬鹿らしいと思うのかな

52:
やっぱねえ
芸能界に顔見せもそうだけど、勢いで外国に住んでも結局日本人は
故郷に帰るもん
日本に

53:
離婚でシングルマザーは印象悪いなー。

57:
もう43かよ・・・

58:
中山美穂が離婚して雨宮塔子もか
パリ生活がお洒落だというのは幻想だったんだろうな
実際は異文化の中で暮らすのは大変だっただけだったんだろうな

70:
女子アナの離婚率ハンパねえ
自活できるからか、鼻っ柱が強いからかわからんが

109:
雨宮って人気あったけど、アナのスキルも低いし知識もないおばかさんって印象だわ
有名パティシエとパリで生活してそういうイメージを払拭したかったのかもしれんけど
いまさら需要はないよね

130:
>>109
名前がカッコよくて得してる気がする。
お父さんは有名な編集者だったよね。

122:
青木は筋金入りの仕事バカで結婚当初からすれ違い生活だったみたいだし
今までよく持ったほうだと思う

133:
よくも悪くも普通の人なんだろ
当時パリで素敵な暮らしwみたいなのの流れに乗ってパリ行って
もはやそういうのダサいわって価値観になってから遅れて離婚
常に人の後追い感がある

139:
数年前
雨宮と中村江里子がパリ生活紹介みたいな番組見たことあるけど
表面のみ素敵なパリ生活してんだろうなーと思ってた中村のほうがなんか生き生きしていた
旦那が細かいとこでメンドクセーやつだったがそれでも
お互いずけずけ言う意外と似たもの夫婦ぽい感じだった
雨宮はなんか疲れてる感じで
この頃からもう上手くいってなかったのかねー

186:
旦那が働く一方で雨宮は家にこもりっきりだったのかな?
一店舗だけでも相当忙しいだろうに、国をまたいで数店舗じゃあ家族は犠牲になるわなあ。
店舗を運営する本社的な事務仕事も雨宮はノータッチ?
でも菓子職人の世界ってそんなものでは?

222:
>>186
職人とか自営業の妻なんて、夫の仕事理解して陰で支えるタイプじゃなきゃ務まらないよ。
たとえ「パリ在住のお洒落で著名なパティシエ」だろうが根っこは同じ。
自分が目立ちたいタイプの女性には無理。
パティシエなんて職人選んだ女子アナも、自己顕示欲の塊な女子アナ選んだパティシエも、
どっちも考えが浅あかだわ。子供が可哀相。

228:
子供がいても離婚多いね。
嫁姑で苦しんでる女性なんていなくなる方向なのかな


仕事に夢中になれるってすごいなって思う。
フランスって外観はきれいだけど、精神的に住みにくそうな街なのかもね。
フランス人は人種差別主義を公言するような人達らしいからね。

スポンサードリンク
他サイト更新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>