【悲報】ラーメン好きの末路がヤバイ。痛風で全身激痛で苦しみまくる

この記事の所要時間: 433

1 : 名無しさん :2017/04/29(土) 21:49:20.36 ID:QrDcCGc/0

尿酸が体内に溜まり、関節に激痛が走る病気・痛風。偏った食生活などがきっかけとなり、当然に発症してしまう非常にツラい病気だ。

今回登場するオッサン・山本さん(46歳・会社員)も痛風を患ってしまった一人。記者とは元同僚であり、当時は毎日のようにランチで大好きなラーメンを食べていたのだが、その偏った食生活が原因となって右足に痛風を患ってしまい、医者からラーメンを禁じられてしまっていたのである。

・3年の闘病の末に完治!
ところが、山本さんは再びラーメンを食べるため、医者からの厳しい指示をしっかりと遵守。3年の闘病の末ついに痛風を完治させたのである! これは快気祝いをせずにはいられない。何が食べたい? と聞いたところ「ラーメンが食べたいよぉ!」と即答した山本さん。彼に好きなだけラーメンを食べさせてあげようと考え、とあるイベントに連行することにした。

・最強ラーメンフェス
そのイベントとは、5月7日まで東京都町田市のシバヒロにて開催されている「最強ラーメンFES.」。早速食券を購入し、オッサンの食べたいものを調達することにした。

・いきなりラーメン3品+餃子2品を購入
山本さんはなんと一気にラーメン、混ぜそば、つけ麺のラーメン3品と餃子2品と生ビールを購入! まったく遠慮のない、清々しいほどのおごられっぷりである。「のびちゃうんで食べていいスかぁ~?」と煽ってくるので、写真撮影は程々にしていよいよ3年ぶりのラーメン解禁!結局山本さんはラーメン8杯、餃子2人前を食べ終えたところで本日は打ち止めとなった。

(略)

続きを読む